自然素材の家は高いのか?

ちょっと前の話しですけど
友人が「家を建てたいんじゃけど」
と相談に来てくれました。

 

土地の関係で、あと1年半は
建てれない事が発覚したので
もうちょっと先にはなるんですが

 

やっぱり気になるのが
予算の事らしいです。

 

「清水さんの建てる家は
いくらかかるのか想像もつかない」

 

だそうです(汗)

 

そんなイメージ持たれてるのかぁ。

 

うーん。

自然素材は高い?

 

トータルで考えてもらう必要がありますが
まず、初期費用としては高くつきます。

 

•土台、柱、梁と呼ばれる構造体達。

うちで使う木は乾燥方法が違うので一般的に使われる木より高いです。
(この部分のこだわりは自然素材をうたう他の会社でもないです)

 

•断熱材

オーストラリア産の羊の毛を使うので一般的に使われる断熱材より高いです。

 

•建材

フローリングは無垢材、建具も無垢材、窓枠、カウンターは一枚板など一般的に使われるベニヤで出来た物など使わないのでやはり高いです。

 

•壁、天井仕上げ材

漆喰を塗ったり、卵でできた壁紙を貼るのでビニールクロスを貼るより高いです。

 

うーん。

 

やっぱり高いですねぇ…

 

だからって上に書いた事は
ゆずれませんけどね。

 

20年後、30年後にお客さんが
後悔しない為ですから。

 

削れる所は削る!

ゆずれない所はありますが
それは家づくりに直接関係する部分の話しであって、それ以外には極力お金はかけません。

 

うちには大手ハウスメーカーみたいに最新設備機器を完備した立派なモデルハウスはありません。

 

うちに来て自然素材の家を感じてもらったらいいですし、人が住まない物を建てるつもりもありません。

 

笑顔の素敵な受付の方もいませんし、そんな方がお茶を出してくれる事もありません。

 

むさ苦しい男が、なんならお茶に親指突っ込んでお出しするかも知れません(笑)

 

さわやかな営業もいません。

 

職人さん(大工さん)は増やして行くつもりですがね。

 

営業や受付の方が家を建てる訳でもないですし必要ないと思っています。

 

だからうちではお客さんから頂くお金は

全部家づくりに使ってもらえます。

 

実際どれくらい違うのか?

先日工事させて頂いたお宅では、うちともう一社見積もりをとられたそうです。

 

もう一社と言うのが
まぁあれです。

 

日本一のハウスメーカーでした。

 

今回の工事では中も外も壁はすべて漆喰です↓

中↓

フローリングはラオス松と↓

リビングには桜↓

断熱材はオーストラリア産の羊毛↓

廊下の天井には杉の板張り↓

トイレも杉の板張り↓

洗面所も杉の板張り↓

カウンターにはクスノキと↓

杉↓

手洗いボウルは信楽焼き

建具も無垢の杉↓

他にもこだわりはありますが
ここまでやっても日本一のハウスメーカーより数百万円安かったそうです。

 

それに日本一のハウスメーカーは自然素材なんて使いませんからね。全部ビニールですよ。

 

すべて偽物の素材で本物の素材を使った家より高いんですよね。

 

それでも大手ハウスメーカーに無駄なお金を払いますか?
大手だと安心ですか?

 

家づくりは物売りじゃありません。
例えば家電みたいな物を買うなら
保証もしっかりしているエディオンで買いたい!ってことはあるでしょう。

 

でも家づくりは違いますから。
大手だからって良い家を建ててる訳じゃないですから。

 

無駄なお金を払わないで下さい!

 

 

それでもみんながみんな自然素材の家に住みたいわけじゃないでしょうし、
自他共に認める神経質な人は自然素材の家はやめといた方がえぇです。生き物ですから。床鳴りなんて日常茶飯事ですし。

 

じゃけど自然素材の家に住みたい方には、素材そのものはどうやったって高いけど
いらないところにお金を払わない事で費用は抑えられる事を解ってもらいたいです。

 

自然素材の家を手の届く価格で

 

これが理想です。

 

やっぱり1番届けたいのは子育て世代です!

 

目に見えるもの、肌に触れるもの自然の物にしてあげて下さい!

本物の素材に触れさせて子育てして下さい!五感に響きますから!

 

今日でこのお宅のブログはおしまいです。ちょこちょこ出てくるかも知れませんが。

 

最後に完成だけどうぞ↓

今日はおしまい