こんな塗り壁もあります。

ワタクシ、ついに杉の花粉症でびゅーしてしまいました。

 

ヒノキの花粉症は30歳の時に発症しているので、例年3月末からゴールデンウィークまではしんどいのですが、今年は3月頭から鼻がどんづまりです。

 

しんどいです。

 

病院行こ。

 

木を扱う仕事ですし、3月末からずっとマスクしてますし、この時期はほとんどの方にこう言われます。

 

「大工さんで木を扱うのに花粉症って大変じゃね」と。

 

いや、大工さんが扱うのは木材であって、花粉が出る葉っぱの部分は全く関係ないですから(笑)

 

ただヒノキの木くずはきめ細かいので苦手です。鼻水が止まらなくなります。

 

実はその木くずが、とある建材になっているのです。

 

一枚板を求めて岐阜に行った時に見せて頂いたのですが、木の粉を塗り壁にしたものでその名も「もっくん」というもの。

 

実際に塗ってある壁を見させて頂きましたが、見るからに軽そうな建材で、調湿効果は相当なものだそうです。

なんと!杉の木の2倍も調湿効果があることが実験でわかっているそうです。

 

ヒノキと杉の2種類の塗り壁材があって、ヒノキのほうはいい香りもしましたよ。

 

これから家を建てられる方はご検討されてみてはいかがですか?

 

お値段もお調べしますよ!

 

おしまい♪