根っこの向きは大事ですよ!

大型連休が終わりましたね〜!

 

みなさんはどこか行かれましたかー?

 

僕はほとんど仕事でしたが、5日はお休みを頂いて初めて家族でフラワーフェスティバルに行ってきました♪

 

僕自身38年間広島にいて3回目くらいでしたけどね。

 

今年小学校に上がった長男(みんなじゃけど)はフラワーもとうかさんもえびす講も行った事が無いので、かなり楽しみにしていました!!実際かなり楽しかった様子♪

 

今年と言うか、毎年先輩が出店されているんですが初めて行ってきました!!

 

ちょっと一風変わった物で、「あなたをみてインスピレーションで言葉を贈ります」というもの。

これは我が家の⬇

味のある字を書かれるんです。うちも今回、第3子の出産祝いでプレゼントして頂きました!!ありがたいことです。

 

この方を先輩に持っている為か、書を生業としている知人が何名かおられます。

 

この字もその中の1人の方から頂いたのですが⬇

根という漢字が根を張っています♪よく考えるなぁ…

 

 

根っこと言いますと、先日和室の天井板を張り替えました。

 

雨が漏ってシミが出来たため張り替えたのですが、この天井板には根っこの向きがあります。

外に根っこを持って来て、木の目が室内を向くように施工するのが正解です。

 

見えにくいかも知れませんが、右が家の外側になるので右から左に木の目が流れています⬇

根を張って家の中に向ける事で、家がどんどん繁栄するように。福がどんどん入って来ますように。そんな意味が込められています。

 

ただしお城なんかでは逆向きに張られているそうです!矢が刺さって止まるように!だそうです。

 

また床がある場合は、床に向けて木目を向けないのが正解です。床差し(とこざし)と言って、差すって言うのは縁起がよく無いからです。

 

最近では、そもそも和室が無いのでこういった天井を作る事もめっきり減って来ましたが、こてこての和室を作る必要も無いと思うんです。カジュアルな和室があってもいいと思う。

 

形にとらわれず自分たち好みの和室があれば最高だと思うんです。やっぱり和室は落ち着くんですよ。

 

畳の上に根っころがってぼーっとするの気持ちいいんですよね(笑)

 

旅館やホテルで和室だと落ち着くでしょ?

 

お客さんが来たときの客間にもなりますし、一部屋くらいは作られたらいいと思いますよ♪

 

 

今日はおしまい♪